JELLYFISH

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こういう場所には浴衣を着てお出かけしたいの巻

東京神田淡路町、須田町を歩きました

東京淡路町、須田町は奇跡的に戦災から焼け残った地域。
建物は歴史的建造物として保存され昔ながらの情緒を漂わせています。

写真_convert_20100803000841
まずは、神田須田町の「まつや」へ。

「カレー南蛮」を注文しました。
写真_convert_20100803001534

おそばやさんのカレーって時々無性に食べたくなりませんか?
まつやのだしは、かつお節、宗田節、さば節からだしをとっているそう。
その立体的に際立つだしの香りが鼻腔をくすぐり
とろとろのカレールウーが
そばにまろやかに、かつ豪快に絡みます

続いては「竹むら」へ。
こちらは 昭和5年(1930)創業、
作家池波正太郎も通ったことで知られる甘味の老舗です。
写真_convert_20100803002210


「氷しるこ」を注文
スプーンで氷の山を崩すと、
中にはこしあんとつぶあんのミックスされた、
しっとりとなめらかなあんこ「しるこ」が顔を出します。
写真_convert_20100803002344

あんこに、氷とやわらかい白玉のコラボは
ほっこりキーンほっこりキーンのグルーブの連続!!
風格のある建物で食べる甘味はそれだけでも絵になりますし、
美味しいのです


しめは、淡路町の神田「やぶそば」に。
写真_convert_20100803003042

お腹がいっぱいでも、江戸前蕎麦の伝統を守る「藪蕎麦」の本店の味は捨てがたいもの。
細く艶やかなそばを濃いつゆにちょっと浸し、
するするっと啜り上げる。
絶妙なのどごしがたまりません
写真_convert_20100803003251

寒い季節になったら
あんこう鍋専門店 「いせ源」へ
「鳥のすきやき」の専門店「ぼたん」もマストです。

どのお店が気になりましたか?
どちらに行っても満足度は高いです

夏のお出かけに
あなたもほっこりと
江戸の伝統を守り続けている「老舗」の
のれんをくぐってみませんか?

私はグルメリポーターなんだろうか・・と
最近思ってみたりもする

みほまろ・・(笑)

スポンサーサイト
  1. 2010/08/03(火) 00:57:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<どうしてこんなにはまってしまったんだろう | ホーム | さくらんぼ便り>>

コメント

このレトロ感が・・・

たまらなく好きです。

「まつや」にしても
「竹むら」にしても
歴史感じる重厚感がたまりません・・。

こんな老舗の暖簾を
浴衣に下駄履いて、
どこかのべっぽんさんと
うちわを扇ぎながら入ってみたいですね。

あ~妄想列車がばく進中~!v-70
  1. 2010/08/04(水) 22:48:18 |
  2. URL |
  3. 阿修羅大好き #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miho1004.blog18.fc2.com/tb.php/701-d61916b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

吉田美穂

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

過去ログ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。